前へ
次へ

葬祭の給付金制度を知りたい方へ

葬祭を行う際には、給付金を受ける事が出来ます。そこで、どんな給付金をどこから受ける事が出来るのかをお

more

冠婚葬祭業に特化した転職サイトを利用する利点

冠婚葬祭業界は、働く場所によって給料の待遇面が異なります。今働いている職場よりももっと給料が高い職場

more

心が温まる葬儀でした

自分は、愛知県在住で、私の母方の祖父・祖母は熊本県に住んでいました。ある日、家族で出かけていた時に、

more

葬祭とはなかなか大変なので

葬祭というのは定義としては葬儀のみならず他の法要も含めてということになるわけで、しっかりとした知識が必要になります。何が祭りなのかと思うかもしれませんが、要するに先祖を御祭りをすることにもなるわけですが葬祭と呼ぶわけです。さて、誰に依頼するのかということなのですが別に当然ながらこれらの行為に関しては許可が必要というわけでもなく、自由にやってよいことです。火葬とか埋葬に関しては許可が必要になりますが、あくまで祀るという点においては自由にできることになります。葬祭は地域性も強く、また特別な知識によって色々と知識が求められることになります。その上で、人生でいきなりやらないといけないこともあったりします。そして、そんなに練習することができるわけではないです。何かしら参加するということはあるかもしれませんが自分が主催となってということになりますとそんなに何回も人生で行えることではないです。その上でいきなりやらないといけないことになりますが、そこで頼るのが葬祭ディレクターです。これはお葬式などに関する極めて高い知識を持っている資格保有者のことであり、厚生労働省認定の専門資格であり、1級と2級があります。こういう資格は簡単に取れると思うかもしれませんが実は相当にレベルが高いものであり、まず実務経験が2級の段階で必要になります。経験が2年以上なければ受験資格がないです。1級はますます厳しく、5年以上の実務があれば2級を取ってから2年以上の実務となります。そうした人たちがキチンと所属している葬祭業者にお願いするようにしましょう。何かと色々と準備をしたり儀式的なことをやらなければならないので大変ではあるわけですが専門的な知識を持っている業者にお願いすれば自分に関して言えばかなり楽ができるようになるでしょう。但し、費用がかかることではあります。しっかりと見積もりを出してもらって決めるようにしましょう。

空間除菌消臭装置エアロピュア | 株式会社a.m.yクリエイティブ

滋賀トヨペット | Toyotaのクルマ販売

ドリームブックス - 専門書と医学書の買取

Page Top